本文へスキップ

舗装技術者資格試験委員会 事務局

TEL. 03-6280-5038

〒104-0032 東京都中央区八丁堀2-5-1東京建設会館

舗装施工管理技術者資格試験

新着情報

2022年5月9日
舗装施工管理技術者資格(1級・2級)
登録更新・再登録・新規登録(合格後5年以上経過した方)および技術講習の受付を
5月9日より開始します。
「舗装技術者資格 各種申込書類作成システム」は同日の12:00から入力可能となります。
2022年5月9日
舗装施工管理技術者
登録更新、再登録のご案内を発送しました。
・登録更新(資格者証の有効期限が2023年3月31日)の方
・再登録(資格者証の有効期限が2022年3月31日で失効された方)
5月16日を過ぎてもご案内が届かない方は、当協会に お問い合せ下さい。
2022年4月19日
令和4年度 舗装施工管理技術者 技術講習
受講案内を掲載しました。
受講の申込受付を5月9日(月)より開始します。
2021年12月20日
令和4年度  1級・2級舗装施工管理技術者資格試験のご案内 を掲載しました。
2021年12月20日
令和4年度  1級・2級舗装施工管理技術者資格試験の受験の手引き を掲載しました。
2021年10月27日
令和3年度 舗装施工管理技術者資格試験合格者および一般試験のみ
合格者について(1級2級)
2021年7月5日
令和3年度 舗装施工管理技術者資格試験(1級・2級)の試験問題を公開しました。

概 要

試験制度の概要

舗装は、道路を構成する各種構造物の中にあって、直接その上に歩行者あるいは車両を載せる最も重要な部分を構成しています。また、この舗装の施工の良否は、供用性、耐久性および周辺環境等に種々の影響を与えます。

このため、舗装工事の施工に従事する技術者は、一般土木工事とは異なる表面性状、安定性および耐久性の確保といった舗装工事特有の専門的な深い知識が要求されています。また、厳しい交通規制条件や限られた作業空間といった施工環境に迅速かつ的確に対処できる豊富な施工経験が不可欠となっています。さらに、利用者の高齢化、沿道住民および利用者のニーズの多様化、高度化等に対応するための新しい材料、工法、機械・装置の導入など高度な舗装技術の開発・活用が強く望まれています。

また、昨今の入札・契約制度の改革によって、現場を管理、指導する施工技術者の評価が重要視されています。
舗装施工管理技術者資格試験は、舗装工事に携わる技術者の技術水準および能力を適切に評価することによって、より水準の高い安定した舗装工事の施工を図ることを目的に実施している試験です。

この資格試験には1級と2級があり、これに合格し、登録申請を行うことにより、資格者証が交付され、「1級舗装施工管理技術者」または、「2級舗装施工管理技術者」と称することができ ます。

     

資格試験の合格者の推移

舗装施工管理技術者資格試験は、平成7年度から実施され、過去27年間(平成7年度〜令和3年度)における試験の受験者数,合格者数および合格率は、下表のとおりです。

  1級 2級
受験者数
(人)
合格者数
(人)
合格率
(%)
受験者数
(人)
合格者数
(人)
合格率
(%)
平成7年度
14,860 2,182 14.7 3,601 672 18.7
平成8年度
11,339 2,270 20 3,616 808 22.3
平成9年度
8,921 2,847 31.9 3,238 1,226 37.9
平成10年度
7,445 1,456 19.6 2,979 1,430 48
平成11年度
7,575 1,769 23.4 2,880 1,101 38.2
平成12年度
7,692 1,734 22.5 3,430 1,546 45.1
平成13年度
8,142 1,423 17.5 3,241 1,370 42.3
平成14年度
11,495 2,112 18.4 5,803 3,360 57.9
平成15年度
14,907 1,555 10.4 7,820 2,586 33.1
平成16年度
15,363 2,231 14.5 9,485 2,690 28.4
平成17年度
12,749 1,755 13.8 7,525 3,809 50.6
平成18年度
12,239 2,219 18.1 6,152 1,997 32.5
平成19年度
8,890 1,703 19.2 4,451 2,085 46.8
平成20年度
7,318 1,202 16.4 3,781 1,729 45.8
平成21年度
7,487 1,487 19.9 3,351 1,498 44.7
平成22年度 5,984 918 15.3 3,067 1,382 45.1
平成23年度 5,576 1,473 26.4 2,554 1,273 49.8
平成24年度 4,699 1,029 21.9 2,198 946 43.1
平成25年度 4,212 1,055 25.0 2,010 1,395 69.4
平成26年度 3,808 702 18.4 1,585 672 42.4
平成27年度 4,202 689 16.4 1,821 673 37.0
平成28年度 4,060 841 20.7 1,704 920 54.0
平成29年度 3,973 630 15.9 1,594 418 26.2
平成30年度 3,489 706 20.2 1,507 535 35.5
2019年度 3,509 650 18.5 1,562 504 32.3
令和3年度 2,291 461 20.1 1,028 493 48.0
合 計
202,225 37,099 18.3 91,983 37,118 40.4

>試験の合格者は、登録の申請を行い、一般社団法人 日本道路建設業協会 会長から「舗装施工管理技術者資格者証」の交付を受けることによって、「舗装施工管理技術者」の称号を用いることができます。

現在までの舗装施工管理技術者の登録状況(2022年4月1日現在)は、1級が28,412名,2級が20,135名の合計48,547名です。

資格試験制度の活用

「公共工事の品質確保の促進に関する法律(品確法)」の施行により、発注者である国土交通省各地方整備局および各地方自治体等では、総合評価落札方式における配置技術者の能力評価項目に採用したり、一般競争入札の入札参加条件に舗装施工管理技術者の現場専任を求めるなど、この資格制度を活用するところが増えてきております。


(一社)日本道路建設業協会
舗装技術者資格試験委員会 事務局

〒104-0032
東京都中央区八丁堀2-5-1東京建設会館3階

TEL 03-6280-5038
FAX 03-6280-5040